衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

みらいめがね
荻上チキ/ヨシタケシンスケ

¥1650(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

気鋭の評論家・荻上チキさんのエッセイと、大人気の絵本作家・ヨシタケシンスケさんのイラストで、一つのテーマを二人の視点から解き明かす新感覚エッセイ。
雑誌『暮しの手帖』で人気の連載が1冊になりました。

<目次>
まえがき 荻上チキ

女の子の生き方

誰もが笑いあえる社会

人生病、リハビリ中

ヨルダンに行きました

アルバイト雑感

母の思いと僕

今の仕事に巡り合うまで

僕の声とラジオ

「呪いの言葉」に向き合う

健康ゲームに目覚める

人生に必要な場所

あちこちを歩き、話を聞く

タクシーと人生

いたるところに教材あり

生きづらさを取り除け

あとがき ヨシタケシンスケ

荻上チキ
1981年兵庫県生まれ。評論家。メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。NPO法人ストップいじめ!ナビ代表理事。ラジオ番組『荻上チキ・Session‐22』(TBSラジオ)メインパーソナリティ。同番組にて2015年度、2016年度ギャラクシー賞を受賞(DJパーソナリティ賞およびラジオ部門大賞)

ヨシタケシンスケ
1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞、『もうぬげない』(ブロンズ新社)で第9回MOE絵本屋さん大賞第1位、2017年ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞、『このあとどうしちゃおう』(ブロンズ新社)で第51回新風賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社: 暮しの手帖社
サイズ:192ページ 18.7 x 13 x 1.3 cm
発行年月:2019/5/21

関連する商品

ページトップへ