衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

ヒゲとナプキン
乙武洋匡

¥1650(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

女として育てられ、現在は男として生きるイツキ、28歳。勤務先の旅行会社には「過去」は告げていない。2歳上のパートナー女性、サトカはイツキを愛しつつも、出産への思いを募らせていく。職場、恋人、両親…。社会や家族と生身で向き合った先に、イツキは光を見出せるか。

【編集担当からのおすすめ情報】
「ヒゲとナプキン」は著者の乙武洋匡氏が、古くからの知人であり、現在はLGBTQムーブメントの旗振り役でもある杉山文野氏(NPO法人「東京レインボープライド」共同代表理事)の協力を得て、ともに作り上げた小説です。

著者は、あとがきで杉山氏についてこう綴ります。

長い時間をかけて、何度も話を聞かせてもらった。友人として知っていたつもりでいたことが、決してすべてではなかったことを思い知らされた。彼の苦悩は、友人にもそう簡単には吐露できないほど複雑で、深いものだった。だからこそ、この苦悩と、社会の仕組みの理不尽さを世間に伝えなければとの思いがより強くなった。
杉山氏から託された思いを筆に宿した本作品は、すべての方々に読んでもらいたいと切に願います。

乙武洋匡(著)
1976年東京都生まれ。1998年、早稲田大学在学中に上梓した『五体不満足』は600万部のベストセラーに。卒業後、スポーツライター、小学校教諭などを務める

杉山文野(原案)
1981年東京都生まれ。NPO法人東京レインボープライド共同代表。フェンシング元女子日本代表。大学院でジェンダー論を学び、その研究内容と実体験を織り交ぜた『ダブルハッピネス』を出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社: 小学館
サイズ:255ページ 
発行年月:2020/10/28

関連する商品

ページトップへ