衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

はるとあき
斉藤倫/吉田尚令/うきまる

¥1430(税込)

商品サイズ2:送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

そうだ あきに てがみを かこう

春夏秋冬と季節は巡ります。「私はあきにあったことがない。」そう気づいたはるは、あきに手紙を書くことを思いつきます。そこから始まる、はるとあきの往復書簡。忘れつつある大事なことを、思い出させてくれます。

【編集担当からのおすすめ情報】
永遠に会えない運命なのに、心を寄せ合う二人。古風な「手紙」という方法でやりとりするかわいい姿や、その内容は、少しもの悲しくも、心をほんわか暖かくします。美しい文章と、それに寄り添うかわいい絵で、忘れつつある大事なことを思い出させてくれる、新しい名作の誕生です。

斉藤倫(著)
1969年生まれ。詩人。2004年『手をふる手をふる』(あざみ書房)でデビュー。初の長篇物語『どろぼうのどろぼん』(福音館書店)で、日本児童文学者協会新人賞、小学館児童出版文化賞を受賞

うきまる(著)
横浜生まれ。日本大学芸術学部デザイン科卒。広告や商品企画、映像制作などの仕事に携わり、絵本の制作へ。おもに斉藤倫との共作を手がけ、『はるとあき』がデビュー作となる

吉田尚令(イラスト)
1971年生まれ。書籍や絵本の作画を主に手がける。絵本『希望の牧場』(森絵都作/岩崎書店)で、IBBYオナーリスト賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社: 小学館
サイズ:32ページ 19 x 0.9 x 23.6cm
発行年月:2019/5/17

関連する商品

ページトップへ