衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

ことばと vol.3

¥1760(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

福岡の出版社 書肆侃侃房が発行する文芸誌「ことばと」最新号。特集は「ことばと音楽」。様々な音楽家に曲になる前の歌詞を書いてほしいとの依頼で集まった歌詞ということば。新しい発想というのは、普遍的な物事を違う角度から見ることでまるで違ったもののように見えてしまう効果があると思っているのですが、まさにそんな特集です。今までの音楽における歌詞の意味がちょっと変わって響いてきます。

__

「ことばと」vol.3のテーマは「ことばと音楽」。「まだ言葉だけのうた」の掲載です。
イ・ラン 小島ケイタニーラブ 崎山蒼志 澤部渡 さや 澁谷浩次 寺尾紗穂 豊田道倫 七尾旅人 野口順哉 蓮沼執太 山本精一 諭吉佳作/men
新たに書き下ろしで、まだ発表されたことのない、言葉だけのうた(歌詞)を考えていただきました。

【巻頭表現】
森栄喜

【創作】
青柳菜摘
市原佐都子
柴崎友香
水沢なお

【特集 ことばと音楽】

◎小説
柴田聡子
町田康

◎歌詞
イ・ラン(カン・バンファ訳)
小島ケイタニーラブ
崎山蒼志
澤部渡(スカート)
さや(テニスコーツ)
澁谷浩次(yumbo)
寺尾紗穂
豊田道倫
七尾旅人
野口順哉(空間現代)
蓮沼執太
山本精一
諭吉佳作/men

◎対談
佐藤良明×細馬宏通

【第二回ことばと新人賞】
大沼恵太「ゾロアスターの子宮」
山縣太一「体操させ、られ。してやられ」

【翻訳】
胡遷(濱田麻矢訳)

【本がなければ生きていけない】
東千茅
百瀬文

出版社: 書肆侃侃房
サイズ:288ページ 21 x 14.8 x 2.5 cm
発行年月:2021/4/17

関連する商品

ページトップへ