衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

新しいサラダ
福田里香

¥1430(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

見たことない組み合わせで、目にもおいしいサラダたち。

菓子研究家が作る、こだわりのおいしさのビジュアル系サラダ。

本書では、「野菜をおいしく食べる工夫がある料理は、全部サラダと呼んでいい」という考えのもと、
著者の福田里香さんが自由な発想で考えた野菜料理やドレッシング、トッピングなど、全65レシピを紹介しています。

きっかけは福田さんが「おいしいサラダが毎日食べたい!」と、家族と自分用に作ったサラダでした。
インスタグラムであげたサラダの写真が評判をよび、たくさんの「いいね!」を獲得。
福田さんも「お菓子を作る気持ちでサラダを作ったっていいんだ!」と気がついたといいます。

そんな福田さんのサラダの特徴は、ノールールなこと。
野菜を揚げたり、蒸したり、焼いたり、炒めたり、冷凍したりと調理法もさまざま。
決して生野菜サラダだけではないのです。
また、普段お菓子を扱っている福田さんだからこそ、盛りつけも華やか。
ポテトサラダをケーキのように盛り付けたり、重ねて層にしたり。作ったら写真に撮りたくなるものばかり。
野菜料理の新たな楽しみ方が見つかる本になっています。

●この本のサラダは
・とにかく盛り付けがかわいらしい! インスタ映えもばっちりです
・野菜を揚げたり、蒸したり、焼いたり、炒めたり、冷凍したりと、新たな味わいに出会えます
・レシピはどれも簡単で作りやすいものばかり
・春夏秋冬に分かれているので、どのレシピを作ればよいかわかりやすい
・盛り付けが美しいので、眺めるだけで楽しい

福田里香
菓子研究家。果物の老舗・(株)新宿高野に勤務後、独立。季節を生かしたレシピに定評がある。著書に『季節の果物でジャムを炊く』(立東舎)、『フードを包む』(柴田書店)など。本書はインスタグラムに掲載した日々のサラダが人気を呼び、書籍化したもの。菓子研究家として長年活躍する著者にとって、初めてのサラダ本になる。

出版社: KADOKAWA
サイズ:136ページ
発行年月:2018/4/6

関連する商品

ページトップへ