衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

仕事文脈vol.11

¥770(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

健康、こころ、体力、見た目、仕事に向き合うのに必要なものは多いけれど、体はひとつ、仕事だけのものじゃない。
仕事をする私、私をつくっている体。体は仕事をしたがっているか。
情報ばかり多すぎる今、考える前にちょっと体に聞いてみる、仕事のいろいろ。

多様な角度から仕事を巡る事柄にスポットをあてる雑誌「仕事文脈」。今号の特集は「もしもし、体」。

__

健康か、食いたいのか  戌井昭人
私を 半分に あります  加藤かなた
小説・避難訓練  兼桝綾

薄毛を整理する 加齢と見た目のはなし 梅沢紳哉
ダイエットか? 人体実験か? パレオな男・Yu Suzukiの考える「体」の未来
死なないためのサボり方調査
座談会 フリーランス的、健康診断事情
インプット・ハイからの健康回帰 真剣に休むロックバンド、シャムキャッツインタビュー
持てる体 しなやかじゃないアメリカのコメディエンヌ達  Ruri Clarkson

休暇×仕事実験 合宿しながら編集
へんしん不要 webサイト連載出張版

連載  

堅田香緒里 さわる社会学 【新連載】
太田明日香「35歳からのハローワーク」【新連載】
チサ「虹色眼鏡」
南陀楼綾繁「これも仕事だ!日記」
まきせ記子「あちこちふらふら・お仕事放浪記」
杉野あずさ・里鵜ミリン「仕事回文」
文脈本屋さん・カネイリミュージアムショップ6
仕事回文
さのかずや「無職の父と、田舎の未来について」

出版社: タバブックス
サイズ:96ページ 21 x 14.8 x 0.6 cm
発行年月:2017/11/25

関連する商品

ページトップへ