衣食住からアートブックまで、「暮らしの本屋」をテーマに、いつもの日常に彩りを加えてくれる本を取り揃えています

マタギ 矛盾なき労働と食文化(文庫)
田中康弘

¥1045(税込)

商品サイズ1:2冊まで 送料220円〜

¥12,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

cartこの商品についてお問い合わせ

秋田県北秋田市阿仁地区のマタギたちの猟や生活風景を15年以上にわたり撮影・記録した『マタギ 矛盾なき労働と食文化』と、
クマやノウサギなどの獣肉や山菜・キノコ、渓流魚など実際にマタギたちが利用する四季折々の阿仁の伝統食を紹介している『マタギとは山の恵みをいただく者なり』を合本して一冊に。
猟の様子から食生活まで豊富な写真をまじえてマタギの世界を伝えます。

【目次】
・マタギ 矛盾なき労働と食文化
マタギとの邂逅
熊のけぼかい、熊の味
雪山のウサギ狩り
冬の川で漁をするマタギ
マタギと渓流とイワナ釣り
マタギの山のキノコ
山奥に天然マイタケを追う
西根師匠の遺したもの
マタギとともに熊狩りへ
マタギとは何者か
マタギが伝えてきたもの

・マタギとは山の恵みをいただく者なり
マタギ食堂へようこそ
雲に隠れた熊がもたらす恵み
マタギのメシから生まれた郷土料理
忍びで獲ったウサギを食す
マタギと犬とキノコ採り
食卓を彩る旬の山菜
マタギの家の豊かな食卓
マタギが行商で生み出した食
川とマタギと魚
マタギの里にやってくるハタハタ
消えたカヤキと囲炉裏
マタギの過去、現在、そして未来

田中康弘
長崎県佐世保市出身。
佐世保南高校→島根大学農学部→日本写真学園
雑誌、冊子等の撮影、執筆を生業とする。
秋田県の阿仁マタギとの交流は20年に及び"マタギ自然塾"としての活動を行う。
狩猟採集の現場から「地の力」とそこに暮らす人々の生活を常に見つめてきた。
「マタギ 矛盾無き労働と食文化」は阿仁マタギの里での生活を活写。
熊、ウサギ、岩魚、山菜、キノコと山の恵みを享受してきたマタギの暮らしを追った。
今は引退されたり、亡くなられた多くのマタギ達との様々な体験が記録されている。

出版社: 山と渓谷社
サイズ:368ページ 14.8 x 10.5 x 2 cm
発行年月:2021/4/17

関連する商品

ページトップへ