山口 和宏 / 木工作家

DSCF2620

耳納連山を山沿いに走る県道から山の方へ入ったところ、向かいには柿畑、すこし登ったら古くからの神社があったりと、木に囲まれたとても気持の良い場所に山口さんの自宅と工房がある。

「田舎に住んで、自分のやりたい仕事をやって暮らしていきたかった」
30年程前に、飛騨高山にあるオークビレッジの活動に憧れ、星野民芸で出会った同世代の木工職人や、同じ星野にある源太窯で見た素のままの木工作品への、純粋な「かっこいい」という思いを抱いた事がきっかけではじめられた、山口さんの小さな木工所。

DSCF2576

「考えるより感覚で仕事をすすめていますね。例えば、トレーを彫っていたら、このノミ跡はいいなぁとか、美しいなぁとか、いまいちだなぁとか、笑」
自身の作るものに対して、特にこだわりは無いという山口さんだが、全ての行程に対し、とても丁寧に気をつけながら作業をされている印象を受けた。

「手作りのものは、どうやって作ったかが分かるんです。行程を省いたり短縮させたりしたらすぐにわかる。必要と思う行程は、全て経た上で物を生み出したいですね。行程を省いてしまったら、それは僕が作ったものではなくなるから。つくりたいものを作っているだけですけど。」

当たり前のことを当たり前のように行うことが決して簡単ではないように、
木に向き合いながら、黙々とすすめられる作業の一つ一つに、山口さんの真っすぐな人柄があらわれている。

DSCF2551

DSCF2538

「一番大変というか気を使うのは、材料を仕入れる段階。材料は原木で仕入れるので、どういった種類の木を仕入れるか、どの厚みで製材するか、何を作るかを考えること。乾燥期間が最低でも1年、2〜3年乾燥する場合もあるのでその間に作りたいものがかわったりもするんです。本当に大変、でもそれだけに楽しい。」

DSCF2633

DSCF2532

暮らしの中に、木がある風景はとても豊かだなと思う。とても単純な考えだが、毎日触れるものは、温もりが感じられるものがいいに決まっている。今後は、家具作りも精力的におこなっていきたいと言う山口さん。木の椅子やテーブルでの生活を想像しながらも、まずは毎日の食卓に並ぶものから。長く使い込む程に味わい深くなる山口さんの作品に触れてみて欲しい。

 

プロフィール
山口和宏 Kazuhiro Yamaguchi
1956年生まれ。 高校卒業後、いくつかの職を経て、家具工房に勤める。 1986年に30歳で浮羽町の山中で家具製作をはじめる。 1995年、工房と住居を吉井町にかまえ、トレーやカッティングボードなど 小さな木工品を作り始める。 展示会を中心に制作を続けているが、最近は、暮らしの中で、特別に主張することなく 何気なく使い続けてもらえるような、木の道具や家具を作りたいと思うようになった。http://mokkousyo.jp/