Month: 2月 2018

新メニュー!ミックスベリーのフレンチトースト

DSCF7096

【新メニュー!ミックスベリーのフレンチトースト】
ぱんのもっかの練乳入り食パン「白壁」と、うきはの松野牛乳を贅沢に使用したボリューム満点でミルキーなフレンチトーストが新登場です。うきはで採れたブルーベリーといちごの自家製フルーツソースとこちらも松野牛乳を使用したミルクジェラート添えです!お得なドリンクセットもございますので是非ご賞味ください!

3月5日(月)演奏会「小さなチェンバロ 吟遊詩人の旅」

Exif_JPEG_PICTURE

演奏会
『小さなチェンバロ 吟遊詩人の旅 ソングス』

【手作りの「小さなチェンバロ」でできること。】
本物のバロック音楽も、日本民謡も、オリジナルソングもみんな一つの手作り楽器から紡ぎ出されます。木の話し、音楽の話し、人と歴史の話しも織り込まれた新しいスタイルのコンサートの世界を、存分に味わって下さい。また終演後は、どなたでも「小さなチェンバロ」にご自由に触れていただけます。みなさまとの出会いを楽しみにしております。    
(渡辺敏晴)

haru(渡辺敏晴)
1960年、東京生まれ。チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、胡弓奏者
東京芸術大学音楽学部楽理科およびノルウェー国立音楽大学卒業。
チェンバロをシェティル・ハグサン、ヴィオラ・ダ・ガンバを千成千徳、ヴィーラント・クイケン氏に学ぶ。また中国古典音楽および生田流胡弓を坂田進一氏に師事。1999年より古楽アンサンブル「コキリコ社」を結成。また、群馬県にて古楽音楽祭「アーリーミ ュージックの夏in前橋」を主催。2000年より群馬大学音楽専攻科メサイア研究会講師、2007年より都留音楽祭アシスタント講師、2008年より伊香保温泉古楽講習会講師。車に「小さなチェンバロ」を積んで全国を旅する演奏活動が好評を得ている。

日程:3月5日(月)
時間:18:30開場 19:00スタート
会場:MINOU BOOKS & CAFE
出演:古楽器奏者 haru 渡辺敏晴
料金:一般 2,000円(1ドリンク付き)高校生 1,000円 中学生以下無料
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

2月28日(水)食事会「星は周る」

DSCF7081

毎回テーマとなる本を選んでそれに応える形でhodagiの高倉さんにごはんを作って頂く「本と食べること」。第2回目は、天文随筆家・英文学者の野尻抱影「星は周る」。野尻の生きた時代、まだ東京が田舎だったころの夜空に広がる無数の星の描写には、強く心を惹き付けられます。遠くにあるようで日々目にするとても身近な存在である星。当日は、悠久の輝きに思いを馳せる夜になればと思います。
_______________

hodagi / MINOU BOOKS & CAFE
【本と食べること】

2018年2月
「星は周る」

少年の時分から毎年見馴れている星座の姿が、それこそ一糸も乱れぬシステムを保って、幾月ぶり、あるいは一年ぶりで、ある晩こっそりと空の一方に現れて来るのを見ると、まったく久しぶりの友だちに逢ったと同じ気持ちで、つくづくと眺めるのである。例のオリオン座などとなると、二十年、三十年、冬のたんびに見ているのだが、あのみつ星が東の地平にまっすぐ立って出て来るのを見ると、正直、胸がどきつくのである。(野尻抱影「星を覗くもの」より)

___

小学生の頃、76年周期で地球に接近する彗星に魅せられて、夜空を見上げる機会が格段に増えた。今思う。それが、作られたものではなく、そこにある美しさに気付いた最初だったのだと。あの頃と、そう変わってはいない気持ちで、ずっと先に思いを馳せながら暮らす、この春です。
(hodagi)

___

日程:2月28日(水)
時間:19:00〜
会場:MINOU BOOKS & CAFE
定員:8名様限定
料金:3,240円(税別)
メニュー(前菜・スープ・メイン・デザートと飲み物)
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com