Month: 10月 2017

ほぼ日手帳&ホワイトボードカレンダー入荷しました!

DSCF6677

DSCF6679

DSCF6681

筑後地区のみなさまお待たせしました!ほぼ日の書籍を取り扱いはじめて、その内容やウェブでのコンテンツの面白さに魅せられて早1年。その人の1年間の人生が詰まった本のようにという、ほぼ日手帳の「LIFEのBOOK」というコンセプトにとても感銘を受け、今年から取り扱いを始めました。お店では、「ほぼ日手帳WEEKS」、書いては消せる表面がホワイトボードの「ホワイトボードカレンダー」を取り扱っています。サンプルも置いていますので是非手に取ってご覧下さい。

10月28日(土)トークイベント『街の本屋ってどんな場所?』

書影
BOOKSHOP LOVER」の屋号で日本全国の本屋を取材し、本屋と本に関する活動を行う和氣正幸さんをお招きして、本屋が次々と町から姿を消して行く時代の「これからの街の本屋」とは地域にとってどのような場所なのか?今年の6月に出版された初の著書となる「東京わざわざ行きたい街の本屋さん」の紹介や、これまでに訪れた全国様々な書店の事例を見ながら考えてみたいと思います。是非ご参加ください!

トークイベント『街の本屋ってどんな場所?』
日程:10月28日(土)
時間:18:00開場 18:30スタート
会場:MINOU BOOKS & CAFE
出演:和氣正幸
聞き手:石井勇(MINOU BOOKS & CAFE)
料金:1,500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE 〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

和氣正幸(わき・まさゆき)プロフィール
ライター。1985年生まれ。早稲田大学文学部卒。2010年よりサラリーマンを続ける傍ら、小さな本屋の魅力を伝える活動「BOOKSHOP LOVER」を始める。2015年に独立し、Webや雑誌などを中心に、本屋と本に関する活動を多岐にわたり行っている。今年の6月に初の著書となる「東京わざわざ行きたい街の本屋さん」を出版。そのほか「書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!」のWebディレクターも務める。
http://bookshop-lover.com/

『東京わざわざ行きたい街の本屋さん』
和氣正幸/著 G.B. 1600円+税
東京には、個性豊かな“街の本屋さん”がたくさんあります。 工夫を凝らした棚作り、見た人がワクワクできるラインナップ、ほっと落ち着ける空間、本の魅力をより多くの人に伝えるイベント……。 その街の風景になじみ、地元の人々に愛されながら、唯一無二の魅力を持つ存在。本書では、そんな東京の“街の本屋さん”を、エリア別に130店紹介したガイド本です。 160ページ、オールカラーで写真と地図付き。すべてのお店の外観写真と、目印になるものも紹介しているので、道に迷うことなくたどり着けます。 本書を片手にぜひ、本屋めぐりを楽しんでください。