All posts filed under news

年末年始の営業のお知らせ

外観new

年末年始の営業について

今年の営業はいつもよりちょっと長めの30日(月)まで行います。
さらに、最終日の30日は、叙情詩と一緒にお届けする真冬の夜の「at midnight」を開催。
こちら詳細はまた後日お知らせします。この日は、深夜まで本が買えますので、お正月だらだらと読書しましょう!

写真は、改装後の外からの写真です。改装して中の雰囲気はすごく変わったのですが、外からの眺めはあんまり変わらないのが嬉しいです。
棚は広がったけど、やっぱり大きな窓があって町と繋がっている感じがしてとってもお気に入りです。

12月29日(日) 通常営業
12月30日(月) 17時閉店 19時から26時位までイベント「at midnight」開催
12月31日〜1月3日 正月休み
1月4日(土)〜 通常営業

店内リニューアルしました!

店内03

店内09

店内01

お店も5年目に入りまして、前々から計画していた店内のリニューアルを行いました。
カフェのコーナーをすこし縮小して、本棚を増やしています。大きく変わった点は、古本の取り扱いを始めたことです。
現在は約1,000冊ほどの、新刊と同じく暮らしをテーマにセレクトした古本を販売しています。お店に入って右側の窓際にある棚が古本の棚になりますのでゆっくり眺めて頂けたら嬉しいです。
又、カフェのオーダーに関してですが、以前はテーブルにてオーダーを伺っておりましたが、レジにて先にお会計を頂くシステムに変更しております。
メニューは以前と大きくは変わりませんが、週替わりで色々な焼き菓子を焼いていますので、カフェ利用でも持ち帰りでも、本のお供に楽しんで頂ければ幸いです!

1月12日(日)坂口恭平『まとまらない人』出版トークイベント

DSCF9350

坂口恭平『まとまらない人』出版トークイベント

『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』(リトルモア)を刊行した坂口恭平さんのトークイベントを開催します。路上生活者の住居を撮影したユニークな写真集『0円ハウス』からキャリアをスタートさせ、以後、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など様々な書籍の執筆や活動を続けている坂口さん。先日、福岡市内で開催されたトークイベントに参加させて頂きましたが、もの凄く今を生きている人だなと感じました。
そして、今回のイベントでも演奏して頂くのですが、音楽がとてもいいんです。
あまり説明し過ぎるのも良くないので、気になる方は是非調べていただいてご参加くださいませ!

坂口恭平『まとまらない人』出版トークイベント
会場 MINOU BOOKS&CAFE 〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1137
日程 2020年1月12日(日)
時間 19:00〜20:30 トーク開始の10分前までにご来店ください。
*『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』(リトルモア)を対象にサイン会を行う予定です 
内容 坂口恭平さんのトークと音楽
料金 2,000円(1ドリンク付き)
定員 30名
予約 電話 0943-76-9501
メール info@minoubooksandcafe.com まで、代表者のお名前/参加人数/お電話番号/メールアドレスをお知らせください。ご返信をもって、予約完了とさせていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

坂口恭平 さかぐちきょうへい
1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年に路上生活者の住居を撮影した写真集『0円ハウス』(小社)を刊行。以降、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたるジャンルの書籍、そして音楽などを発表している。2011年5月10日には、福島第一原子力発電所事故後の政府の対応に疑問を抱き、自ら新政府初代内閣総理大臣を名乗り、新政府を樹立した。躁鬱病であることを公言し、希死念慮に苦しむ人々との対話「いのっちの電話」を自らの携帯電話(090-8106-4666)で続けている。12年、路上生活者の考察に関して第2回吉阪隆正賞受賞。14年、『幻年時代』で第35回熊日出版文化賞受賞、『徘徊タクシー』が第27回三島由紀夫賞候補となる。16年に、『家族の哲学』が第57回熊日文学賞を受賞した。現在は熊本を拠点に活動。2023年に熊本市現代美術館にて個展を開催予定。
(撮影:石川直樹)

坂口恭平『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』
定価 本体1500円+税
ブックデザイン:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)
リトルモア刊★発売即重版!

「自分の解説本だと思ってた。でも「共感した」「安心した」「元気になった」と感想をもらう。みんな「まとまらない」って悩んでたんだね」稀代の芸術家か? 革命家か? 誇大妄想狂か?

 坂口恭平が強さも弱さもすべてさらけ出した、3日間のインタビュー。光速変幻自在男、矛盾に満ち溢れた矛盾のない(石川直樹談)全活動を語り尽くす。
「みんなだって、ちっちゃい頃、歌って踊って絵を描いてたでしょ? なんで今はしないの?」
悩みや不安で息が詰まりそうな毎日。
気持ちよく生きるために必要なのは、実はこんな言葉かも。

12月19日(木)〜 1月13日(月・祝)手紙舎POP UP SHOP開催!

minou_top

手紙舎POP UP SHOP at MINOU BOOKS & CAFE

今年も年末年始に手紙舎さんのPOP UP SHOPを開催します。
クリエイターによる紙雑貨や布雑貨、マグカップやマスキングテープなど、手紙舎が敬愛する作り手による商品がずらりと並びます。
新作も様々ご用意しておりますので、お近くのみなさま。どうぞ、お楽しみに!
さらに今年は、手紙社代表 北島さんと雑貨担当 渡辺さんによる、大人気の講座「表現の学校」も開催します。

●TOPIC1 クリエイターデザインの雑貨が勢ぞろい
イラストレーターやデザイナーなどによる、美しくも楽しくデザインされたマスキングテープやメモ帳、レターセットなどの紙雑貨や、ハンカチ、カップ、トートバッグなどの生活雑貨が並びます。

●TOPIC2 「表現の学校」を開講します!
手紙社の実体験やこれまで培ったノウハウを余すことなくお伝えします。クリエイターを目指したい方、イベントを企画したい方、ぜひお集まりください。

[紙もの雑貨の作り方]
日時:12月21日(土) 11:00~13:00
定員:8名
受講料:5500円(税込)
講師:渡辺洋子(手紙社雑貨担当)

[手紙社のイベントの作り方]
日時:12月21日(土) 14:00~16:00
定員:8名
受講料:5500円(税込)
講師:北島 勲(手紙社代表)

*お申し込み・詳細は、
https://coubic.com/tegamisha
こちらをご覧ください。上記のサイト内から受付ができます。

【手紙舎POP UP SHOP at MINOU BOOKS & CAFE】
期間:2019年12月19日(木)〜2020年1月13日(月・祝)
会場:MINOU BOOKS & CAFE
住所:福岡県うきは市吉井町1137
TEL:0943-76-9501
OPEN:11:00〜19:00
CLOSE:火曜・第三水曜・12/31(火)〜1/3(金)

11月13日(水) うきはの栞トークイベント「うきはのお茶入門」- その歴史から、うきはん茶誕生秘話まで –

DSCF9214

うきはの栞トークイベント「うきはのお茶入門」- その歴史から、うきはん茶誕生秘話まで –

うきはの山や棚田、お茶のことなど、何となく知っている事をしっかりリサーチして冊子として残している「うきはの栞」というリーフレットをお店で取り扱っています。今を知る事で過去が見えてきて、この先に繋がっていくとても素敵な取り組みです。

—–

今回は、「うきはの栞」をさらに掘り下げて地域のことを学ぶトークイベント第五弾!
内容は、新しく発行された、「妹川の製茶と茶畑景観」からのお話しです。と言いましても、うきはの栞でお茶を取り上げるのは今回で三回目。ただお茶の話をするだけでは面白くないので、妹川のお茶の歴史を追いながら、もはや市内ではお馴染みになっているうきはん茶の誕生秘話。そして、うきはん茶に関連したちょっと面白い試みもありますので、どうぞお楽しみに。
何となく知っているようで、実はそうだったの!と思うこと満載のうきはの栞トークイベントぜひご参加ください。

うきはの栞トークイベント「うきはのお茶入門」
– その歴史から、うきはん茶誕生秘話まで –
場所:MINOU BOOKS&CAFE
日程:11月13日(水) 
時間:19:00~20:30(スタートの10分前にはご来場ください。)
トークゲスト:
堀江昭一さん(うきはのお茶振興会代表)
九州大学学生

参加料:1,000円 *学割500円(うきはの栞1冊+ワンドリンク付き)

【予約・問い合わせ】
MINOU BOOKS&CAFE
電話:0943 76 9501
メール:info@minoubooksandcafe.com

2020カレンダー&ダイアリーフェア

DSCF9177

DSCF9179

DSCF9180

DSCF9181

[ 2020カレンダー&ダイアリーフェア ]
今年も、カレンダー&ダイアリーのフェアを開催中です。
毎年人気の花森安治カレンダーや葛西薫カレンダー、昨年から取り扱いをはじめたshunshunさんのこよみカレンダー、
ほぼ日のホワイトボードカレンダーなどなど盛りだくさんです。
今後もエムエムブックスの日めくりカレンダーや保手濱拓さんのカレンダーなど
何種類か追加で入荷の予定がありますので店頭にてぜひご覧ください。

10月22日(火・祝)営業します。

DSCF9132
[ 10月22日(火・祝)営業します ]
10月22日 火曜日は祝日になりますのでお店を開けて、翌日、23日(水)を定休日とさせて頂きますのでどうぞよろしくお願いします。
写真の、ブルータス最新号 本特集にて名物書店員がいる町の本屋コーナーにて紹介していただいております。
見かけたらぜひご覧ください。

店内改装工事に伴う臨時休業のお知らせ

DSCF9124

DSCF9123

店内改装工事に伴う臨時休業のお知らせ

10月15日(火)〜10月18日(金)の4日間を、店内改装工事に伴い臨時休業とさせて頂きます。
大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。
カウンター越しに見ていたこの眺めも見れなくなると思うとすこし寂しいです。
そんなに大きくリニューアルという訳ではありませんが、本棚を増やして、書店のスペースを
今まで以上に拡充します。
実は、肝心の本棚が、ちょっとしたトラブルで遅れて納品されるので、、、
一時、違う本棚で少しちぐはぐな感じのレイアウトになりそうですが、
そちらも含めて楽しんでもらえたら嬉しいです。
カフェ席は今までより減りますが、店内に自由に座れる椅子を少し増やそうと思っています。
来てくれるお客さんの使い方を見ながら、あれこれと試行錯誤して行きたいと思っていますので
お付き合いいただければ幸いです。
_
叙情詩の営業に関して
今回の改装に伴い、10月14日(月)をもって 通常営業は一旦終了となります。
詳しくは(@cafejojoushi)をご覧ください。

オリジナルトートバック第2弾!

DSCF9117

DSCF9121

MINOU BOOKS & CAFE オリジナルグッズ第2弾出来ました!
今回は、先日トークショー&ワークショップで来て頂いた、デザイナーの真田 緑さん(H/A/R/V/E/S/T TEXTILE / DESIGN)にデザインをお願いしました。
雄大な耳納連山の眺めをラフにスケッチして頂いたデザインは、「ちょっと耳納連山からってどこいくの〜」(注:からっては方言です。意味はお調べください。)なんて気軽さがとってもいい感じです。
少し大きめのサイズですので使い勝手が良いです。是非、店頭にてご覧下さい。

MINOU BOOKS & CAFE オリジナルトートバック
1,400円(税別)
コットン100% 4オンス
本体サイズ 約W420xH380xD160mm
持ち手サイズ 約L550mm

書店スタッフ募集のお知らせ

bookstaff

【書店スタッフ募集のお知らせ】

MINOU BOOKS & CAFEでは一緒に働いてくれるスタッフを募集します。
今回は、オープン以来初めての書店スタッフの募集になります。
(勤務日や勤務時間は相談に応じますのでお問い合わせ下さい。)
業務内容は、売り場の管理から書籍の仕入れ、イベント・フェアの企画、カフェ業務になります。
仕事内容が多岐にわたりますが、それを楽しみに変え、積極的に学んで頂きたいです。
そして、これからの町の本屋のかたちを一緒に考えながら楽しく働けていけたらと思っています。
本や本屋が好きな方、人と関わることが好きな方、ご応募お待ちしております!

・書店員、司書など本に関わる仕事の経験がある方
・ワード、エクセル、フォトショップ、イラストレーター等の簡単な操作ができる方
上記の方を特に募集しておりますが、経験は問いませんのでご連絡ください。

【募集詳細】
勤務内容:書店スタッフ
雇用形態:パート・アルバイト
勤務地:MINOU BOOKS & CAFE (うきは市吉井町1137)
勤務時間:10:00~19:00(内6時間〜8時間 週3日〜 シフト制)
応募方法:メールまたはお電話でご応募ください。店舗にて面接させて頂きます。遠方の方は、履歴書、PR文などをメールもしくは郵送にてお送り下さい。書類選考の上、ご連絡させて頂きます。
メール:info@minoubooksandcafe.com
電話:0943 76 9501 採用担当 石井