All posts filed under news

3月27日(金)/ 3月28日(土)ヘニング・シュミート ジャパンツアー 2020 福岡公演・うきは公演

DSCF6557

ヘニング・シュミート ジャパンツアー 2020 福岡公演・うきは公演

旧東ドイツ出身のピアニスト・ヘニング・シュミート が2007年にリリースされたHenning Schmiedtの傑作1st「Klavierraum」の12年ぶりの続編として最新作「Klavierraum, später」 をリリース。そして待望の来日公演を、福岡・うきはの2箇所で開催します。
「以前に発売されていたおびただしい数の音楽を無用にしてしまう力がある」とも評された独創的なピアノの調べ、その温かな人柄から紡ぎ出される純粋な音の美しさ、過去3回の福岡公演も盛況を博したヘニング・シュミートの来日公演、どうぞお楽しみください。

(今回、こちらの公演を、MINOU BOOKS & CAFE / wood/weater records としてコーディネートさせて頂きます。)

————————————————————————————————
flau and wood/water records present
ヘニング・シュミート ジャパンツアー 2020 福岡公演

2020年 3月 27日 (金)
19:00 開場 / 19:30 開演
予約 : 4,000円 / 当日 : 4,500円
(※ 全席自由)
出演:ヘニング・シュミート

会場 :
アクロス福岡 円形ホール 福岡市中央区天神1丁目1−1

●公演当日は、アクロス福岡円形ホール前にて18時より受付を開始させていただきます。
先着順に入場整理券を配布させて頂き、19時から整理券順での入場になりますので予めご了承ください。
● 駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
● 会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

————————————————————————————————
flau and wood/water records present
ヘニング・シュミート ジャパンツアー 2020 うきは公演

2020年 3月 28日 (土)
18:00 開場 / 19:00 開演
予約 : 4,000円 / 当日 : 4,500円
定員60名 (※ 全席自由)
出演:ヘニング・シュミート

会場 :
杉工場 福岡県うきは市吉井町249−1
● 会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

————————————————————————————————

[ご予約・お問い合わせ]
wood/water records(MINOU BOOKS & CAFE内)うきは市吉井町1137
予約方法 :
オンライン予約 : http://minoubooksandcafe.com/reservation
メール予約 : info@minoubooksandcafe.com
電話予約 : 0943-76-9501
● メールあるいは電話でのご予約 :
公演名・公演日・代表者お名前・電話番号・ご人数をお知らせください。
● 公演当日ご来場時に、会場受付にて前売り料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

DSCF6537
ヘニング・シュミート

1965年生まれ、旧東ドイツ出身のピアニスト、作曲家、編曲家。早くからジャズ、クラシック、ワールドミュージックなどジャンルの壁を超えた活動を先駆的に展開。80年代中盤から90年代にかけて様々なジャズ・アンサンブルで活躍後、ギリシャにおける20世紀最大の作曲家と言われるミキス・テオドラキスから絶大な信頼を受け、長年にわたり音楽監督、編曲を務めている。これまでにドイツ・ジャズ賞、ドイツ・ジャズ批評家賞を受賞、名指揮者クルト・マズアーも一目置くという個性的なアレンジメントやピアノ・スタイルは、各方面から高い評価を受けている。
昨年はフランス/ドイツ人のレバノン系シンガーMarie SéférianとのデュオNousを結成し、デビュー作「je suis」をリリースした他、シタール奏者Aki Uedaをフィーチャーしたシングル「Sitano」、ノルウェー/アイルランドの注目シンガーTara Nome Doyleとの「Stille Natt」などコラボレーションを活発化。11月には廃盤となっていたファーストアルバム「Klavierraum」の再発と、その続編となる「Klavierraum, später」を発表した。

http://flau.jp/artist/henning-schmiedt/

2月11日(火・祝日)は通常営業です。

DSCF9634

お知らせが遅くなりすいません。
2月11日(火・祝日)は定休日ですが、祝日ですので通常営業いたします。
代わりに2月12日(水)を振替休日とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

店内のレイアウトを変更してから、色々と配置を変えては戻して変えては戻して、ようやくしっくりくる配置に落ち着きました。
レイアウトもですが、本棚の内容も充実してますのでぜひご来店ください。

2月20日(木)〜3月5日(木)安西カオリ・安西水丸『さざ波の記憶』出版記念展

安西カオリ_展示DM

安西カオリ・安西水丸『さざ波の記憶』出版記念展

会期:2月20日(木)〜3月5日(木)
会場:MINOU BOOKS & CAFE 11:00 – 19:00 火曜定休

安西カオリの初エッセイ『さざ波の記憶』(新潮社図書室)の出版を記念し、
本に収録した、父・安西水丸のイラストレーションを展示します。
鮮やかな青のインクで描かれた〈ブルースケッチ〉シリーズと、父との思い出や、
日常に潜む美しさや可笑しみを綴った文章。娘と父のコラボレーションをお楽しみください。
*期間中は安西水丸さんの書籍、雑貨、作品〈ブルースケッチ〉シリーズの販売も行います。

sazanaminokioku_book2

mizumaruanzai_bluesketch

『さざ波の記憶』
文・安西カオリ 絵・安西水丸

大切にしたいモノ、思い、記憶……。深い思索が伝わる文章を父・安西水丸の遺したブルースケッチのイラストとともに。著者初のエッセイ集。
__

青く黒い海。強い風が吹きつけ、白い波が岩肌にはじける。辺りを飲み込むような轟音に包まれ、海の前で立ちつくす。嵐が来たわけではない。父が幼少期を過ごしたという房総半島の港町・千倉で迎えてくれる海はいつもこんな感じだった……。幼少期の記憶を辿る「荒れた海辺の記憶」を始め、著者が見たこと、思ったこと、感じたことを折に触れて綴った21編。父・安西水丸の遺したブルースケッチのイラストが彩ります。
1800円(税別) /発行:新潮社図書編集室/発売:新潮社

安西カオリ 
東京都生まれ。エッセイスト、絵本作家。大学卒業後、新聞社・会社勤務を経て、執筆活動を始める。近著に『安西水丸の動物パシャパシャ』(安西水丸と共著)。

安西水丸  
1942年東京生まれ。イラストレーター。日本大学芸術学部美術学科卒。電通、ADAC(ニューヨーク)、平凡社を経て独立。朝日広告賞、毎日広告賞などを受賞。小説、エッセイ、絵本、マンガなども多数執筆。2014年3月19日逝去。

1月16日 臨時休業と冬のイベントについてのお知らせ

DSCF9512

店舗メンテナンスの為、1月16日(木)を臨時休業とさせて頂きます。通常の定休日とあわせて1月14日(火)〜1月16日(木)の3日間がお休みとなりますのでお気をつけください。急なお知らせで大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。
また、毎年1月末にreedさんと、木工作家の山口さん一家と合同で行なっている冬のイベントですが、今年は開催しないことになりました。開催に向けて、昨年末から打ち合わせを重ねていましたが、諸々の事情により自分たちが思い描いている形での実現が難しいと判断した為開催を見送ることにさせて頂きました。楽しみにして頂いた方には大変申し訳ありません。また準備を重ねて来年は開催を予定しておりますので楽しみに待っていてもらえたら嬉しいです!

耳納新聞 5号できました!

DSCF9504

耳納新聞 5号できました!なんと今号からサイズが大きくなって二つ折り仕様。内容盛りだくさんです。よっちゃんも大変なことになってます。そんな今号についての思いは、編集長からの指令で、紙面にて文章を書かせて頂いておりますので読んで頂けたら嬉しいです。この新聞作りで、うきはという場所の面白いを少しずつ汲み上げながら、それらが有機的につながっている感じがしていて、益々この土地は面白いなぁと実感しています。
いつになるかわかりませんが、今年中にはウェブ版も立ち上げたいなぁと思っています。どうぞお楽しみに!

2月8日(土)『冬の本屋にて。』 樽木栄一郎とゼロキチ 演奏会

20200208

2年前の冬のイベントで素晴らしい演奏を披露して頂いた、樽木栄一郎さんととゼロキチさんの演奏会を開催します!
冬の寒い夜に、本に囲まれた空間に響く、独創的かつ芸術性豊かなギターの弾き語りと、ゆったりとしたウクレレの音色を是非お楽しみ下さい。

『冬の本屋にて。』
樽木栄一郎とゼロキチ 演奏会

日程:2月8日(土)
会場:MINOU BOOKS & CAFE
時間:開場 19:00 開演 19:30
料金: 3,000円(ドリンク、お菓子付き)
定員:20名

_

ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS & CAFE うきは市吉井町1137
TEL / 0943-76-9501 MAIL / info@minoubooksandcafe.com
代表者のお名前・参加人数・お電話番号・メールアドレスをお知らせください。
ご返信をもって、予約完了とさせていただきます。

IMG_9250
樽木栄一郎
独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室、本屋など、場所を選ばず様々なシチュエーションでライブを行っている。絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。アーティストへの楽曲提供、ゲーム、CM、ラジオ、映画、店舗BGMなど多方面の音楽制作にも携わる。
2016年のライブの本数が300本を超える。
2019年3月ドラマー宮川剛とのduoライブアルバム“樽木栄一郎&宮川剛”『DUO LIVE at SASAGURI/TAMAYA』をリリース。リズム&ドラム・マガジン 2019年4月号“究極の最小編成”『深化する“Duoのカタチ』にて表紙と特集で掲載。
2020年3月 東京 両国国技館で開催の『TOKYO GUITAR JAMBOREE』にメインアクトとして出演決定。Char、奥田民生、真心ブラザーズなどと共演。
ドラマーとしても活動中。
http://www.taruki.info/

zerokichi1
zerokichi
福岡を拠点としウクレレを相棒に旅をする。カフェやギャラリー、酒蔵、旅館、寺院、古民家などで活動中。ウクレレインストのソロ演奏はオリジナルからカバーまでウクレレ一本で季節や風景を音で描く。ドラムやピアノ、バウロンとのデュオでの演奏もたまに行う。2016年ソロアルバム「Light Rain」を発売。またウクレレ教室やウクレカレーや火曜ウクレレ劇場などのイベントやミュージシャンのツアーサポートも手掛ける。
https://uke091.wordpress.com/

1月18日(土)〜1月27日(月)谷口智則 絵本原画展「ゴリラのくつや」

ゴリラのくつや

17022290_981470621982929_4220716216046085077_n

谷口智則 絵本原画展「ゴリラのくつや」
会期:1月18日(土)〜1月27日(月)
会場:MINOU BOOKS & CAFE 11:00 – 19:00 火曜定休

「100にんのサンタクロース」、「サルくんとバナナのゆうえんち」など沢山の絵本を出版している人気の絵本作家 谷口智則さんの原画展を開催します。当店では2回目となる今回は、父と子をテーマにした絵本「ゴリラのくつや」の原画展です。展示の他に、絵本・グッズの販売も行います。さらには、ワークショップ(当店にて開催)ライブペインティング(うきは市立図書館にて開催)も行いますので是非ご参加ください。

『木に絵をかこう!ワークショップ at.MINOU BOOKS & CAFE』
日程:1月18日(土) 時間:11時〜 13時〜 参加費:2,000円 定員:各回8名 会場:MINOU BOOKS & CAFE

谷口さんに教わりながら、いろんな形の木の板から好きなものを選んで、絵を描くワークショップです。出来上がった作品はお持ち帰り頂けます。

ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501 mail info@minoubooksandcafe.com

_

『ライブペインティング&サイン会 at.うきは市立図書館』
日程:1月19日(日)時間:14時〜15時半 会場:うきは 市立図書館 1階 お話コーナー 参加無料

うきは市立図書館1階のお話しコーナーにて谷口智則さんのライブペインティングを開催します。大きなキャンバスにその場でリクエストされた動物を描きながら、みんなで絵を完成させます。イベント終了後はサイン会も行います。
※会場にて書籍やグッズの販売も行います。

_
同時開催:1月20日 (月) 10時半-12時 谷口智則講演会
会場:うきは 市立図書館 3階 小ホール 参加無料(定員:100名 申込不要)
主催:福岡県公共図書館協議会北筑後地区協議会

c3

谷口智則 絵本作家
1978年生まれ。金沢美術工芸大学日本画専攻卒業。2004年『サルくんとお月さま』で絵本作家としてデビュー後、絵本『CACHE CACHE』を始め、フランス、イタリア、台湾、中国など海外でも数々の絵本を出版。絵本以外にも、広告やパッケージデザイン、商業施設の空間プロデュースなど多方面で活躍中。主な絵本に『100にんのサンタクロース』『サルくんとバナナのゆうえんち』など多数。『くいしんぼうのクジラ』が第9回ようちえん絵本大賞受賞。大阪府四條畷市の観光大使も務め、四條畷神社参道に自身のギャラリーカフェzoologique(ズーロジック)も運営している。
http://tomonori-taniguchi.com/

年末年始の営業のお知らせ

外観new

年末年始の営業について

今年の営業はいつもよりちょっと長めの30日(月)まで行います。
さらに、最終日の30日は、叙情詩と一緒にお届けする真冬の夜の「at midnight」を開催。
こちら詳細はまた後日お知らせします。この日は、深夜まで本が買えますので、お正月だらだらと読書しましょう!

写真は、改装後の外からの写真です。改装して中の雰囲気はすごく変わったのですが、外からの眺めはあんまり変わらないのが嬉しいです。
棚は広がったけど、やっぱり大きな窓があって町と繋がっている感じがしてとってもお気に入りです。

12月29日(日) 通常営業
12月30日(月) 17時閉店 19時から26時位までイベント「at midnight」開催
12月31日〜1月3日 正月休み
1月4日(土)〜 通常営業

店内リニューアルしました!

店内03

店内09

店内01

お店も5年目に入りまして、前々から計画していた店内のリニューアルを行いました。
カフェのコーナーをすこし縮小して、本棚を増やしています。大きく変わった点は、古本の取り扱いを始めたことです。
現在は約1,000冊ほどの、新刊と同じく暮らしをテーマにセレクトした古本を販売しています。お店に入って右側の窓際にある棚が古本の棚になりますのでゆっくり眺めて頂けたら嬉しいです。
又、カフェのオーダーに関してですが、以前はテーブルにてオーダーを伺っておりましたが、レジにて先にお会計を頂くシステムに変更しております。
メニューは以前と大きくは変わりませんが、週替わりで色々な焼き菓子を焼いていますので、カフェ利用でも持ち帰りでも、本のお供に楽しんで頂ければ幸いです!

1月12日(日)坂口恭平『まとまらない人』出版トークイベント

DSCF9350

坂口恭平『まとまらない人』出版トークイベント

『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』(リトルモア)を刊行した坂口恭平さんのトークイベントを開催します。路上生活者の住居を撮影したユニークな写真集『0円ハウス』からキャリアをスタートさせ、以後、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など様々な書籍の執筆や活動を続けている坂口さん。先日、福岡市内で開催されたトークイベントに参加させて頂きましたが、もの凄く今を生きている人だなと感じました。
そして、今回のイベントでも演奏して頂くのですが、音楽がとてもいいんです。
あまり説明し過ぎるのも良くないので、気になる方は是非調べていただいてご参加くださいませ!

坂口恭平『まとまらない人』出版トークイベント
会場 MINOU BOOKS&CAFE 〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1137
日程 2020年1月12日(日)
時間 19:00〜20:30 トーク開始の10分前までにご来店ください。
*『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』(リトルモア)を対象にサイン会を行う予定です 
内容 坂口恭平さんのトークと音楽
料金 2,000円(1ドリンク付き)
定員 30名
予約 電話 0943-76-9501
メール info@minoubooksandcafe.com まで、代表者のお名前/参加人数/お電話番号/メールアドレスをお知らせください。ご返信をもって、予約完了とさせていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

坂口恭平 さかぐちきょうへい
1978年、熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年に路上生活者の住居を撮影した写真集『0円ハウス』(小社)を刊行。以降、ルポルタージュ、小説、思想書、画集、料理書など多岐にわたるジャンルの書籍、そして音楽などを発表している。2011年5月10日には、福島第一原子力発電所事故後の政府の対応に疑問を抱き、自ら新政府初代内閣総理大臣を名乗り、新政府を樹立した。躁鬱病であることを公言し、希死念慮に苦しむ人々との対話「いのっちの電話」を自らの携帯電話(090-8106-4666)で続けている。12年、路上生活者の考察に関して第2回吉阪隆正賞受賞。14年、『幻年時代』で第35回熊日出版文化賞受賞、『徘徊タクシー』が第27回三島由紀夫賞候補となる。16年に、『家族の哲学』が第57回熊日文学賞を受賞した。現在は熊本を拠点に活動。2023年に熊本市現代美術館にて個展を開催予定。
(撮影:石川直樹)

坂口恭平『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』
定価 本体1500円+税
ブックデザイン:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)
リトルモア刊★発売即重版!

「自分の解説本だと思ってた。でも「共感した」「安心した」「元気になった」と感想をもらう。みんな「まとまらない」って悩んでたんだね」稀代の芸術家か? 革命家か? 誇大妄想狂か?

 坂口恭平が強さも弱さもすべてさらけ出した、3日間のインタビュー。光速変幻自在男、矛盾に満ち溢れた矛盾のない(石川直樹談)全活動を語り尽くす。
「みんなだって、ちっちゃい頃、歌って踊って絵を描いてたでしょ? なんで今はしないの?」
悩みや不安で息が詰まりそうな毎日。
気持ちよく生きるために必要なのは、実はこんな言葉かも。