All posts filed under news

12月24日(日)「雪を作る話」

DSCF6864

hodagiさんと定期的にごはん会を開催することになりました。毎回テーマとなる本を選んでそれに応える形でhodagiの高倉さんにごはんを作って頂きます。最初の本は、雪の結晶の研究で有名な物理学者、中谷宇吉郎の「中谷宇吉郎随筆集」。クリスマスイブの夜に、雪の結晶のような、ひと時の儚い時間を共有出来たら嬉しいです。

___

hodagi / MINOU BOOKS & CAFE
【本と食べること】

2017年12月
「雪を作る話」

寒い目にあって散々苦労をして、こんな雪の研究なんかをしても、さてそれが一体何かの役に立つかといわれれば、本当のところはまだ自分にも何ら確信はない。しかし面白いことは随分面白いと自分では思っている。世の中には面白くさえないものも沢山あるのだから、こんな研究も一つ位はあっても良いだろう
(中谷宇吉郎 「雪雑記」より)

好きとか得意というより、
この4年半のごはん作りは、
面白いって気持ちが強かった。
どこかの誰かとリンクする部分を、
活字から知れるから本は良い。
差しだしてもらった本を読みながら
どんなごはん会をしようかと考えるのはとても楽しいです。
(hodagi)

___

日程:12月24日(日)
時間:19:00〜
会場:MINOU BOOKS & CAFE
定員:8名様限定
料金:3,240円(税別)
メニュー(前菜・スープ・メイン・デザートと飲み物)
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

【年末年始営業のお知らせ】

DSCF6877

【年末年始営業のお知らせ】
霜が降りる日も多くなってきていよいよ冬本番ですね。店内に新しい棚が入って、手紙社さんの雑貨が並んでいるので、なんだかとても賑やかです。
年末年始の営業は、

・12/30(土)通常営業
・12/31(日)〜1/3(水)お休み
・1/4(木)通常営業

2階の生活購買店reedさんと同じお休みになっていますので、
帰省ついでにでも、お立ち寄りください。

12月13日(水)〜 1月15日(月)手紙舎がMINOU BOOKS & CAFEにやってくる!

nyuko_minou 23768806_1605222916202155_547153813_o 23798292_1605222909535489_1183512846_o

手紙舎がMINOU BOOKS & CAFEにやってくる!

日時:2017.12.13(水) – 2018.1.15(月)11:00~19:00
会場:MINOU BOOKS & CAFE うきは市吉井町1137 tel. 0943-76-9501

「もみじ市」、「東京蚤の市」、「紙博」などの人気イベントの運営から、「手紙舎」、「本とコーヒー」などのカフェ・雑貨のお店の運営まで様々な仕事を手掛ける編集チーム『手紙社』がうきはにやってきます!期間中は、「ワクワクするかも」と感じたサムシングを大事に活動している手紙社が作家さんと一緒に制作した雑貨のポップアップショップを開催。1/13(土)には、代表北島勲さんによるトークイベント、北島さんのパートナーである渡辺洋子さんの人気講座「紙モノ雑貨の作り方、売り方」を開催します。是非ご来場ください。

『TOPIC 1 手紙舎 雑貨店のポップアップショップがオープン!』

クリエイターによる紙雑貨や布雑貨、マグカップやマスキングテープなど、手紙舎が敬愛する作り手による商品を詰め込んで、期間中だけの限定ショップを開きます。期間中は商品の入れ替えもありますので足を運ぶ度にあたらしい発見があるかも!?

『TOPIC 2 北島 勲(手紙社)トークイベント「手紙社のしごと」開催!』

手紙社の代表・北島 勲さんに、手紙社が手掛ける多岐にわたる仕事(ブランディング、イベント企画、店作り、本の企画・編集)の内容からそのプロセスに至まで「編集」をキーワードに話を伺います。

日程:1月13日(土)
時間:17:30開場 18:00スタート
会場:MINOU BOOKS & CAFE
出演:北島 勲(手紙社)
聞き手:石井 勇(MINOU BOOKS & CAFE)
料金:1,500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

TOPIC 3 「紙もの雑貨の作り方、売り方」を開講します!

【「紙もの雑貨の作り方、売り方」1月13日(土)講師:渡辺洋子】

雑貨店としての手紙社らしさの原点といえるアイテム、紙もの。「自分たちで作ってみたい!」「お店で販売したい!」、手紙社もスタートはここからなのです。この講座では、手紙社が培ってきた紙もの雑貨に関するノウハウを余すこと無くお伝えいたします。

日時:1月13日(土)15:00~17:30
講師:渡辺洋子
定員:8名
参加費5,400円(税込)
参加資格:紙もの雑貨を作りたい方、販売したい方
会場:MINOU BOOKS & CAFE
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

内容:
手紙舎の雑貨店の看板商品のひとつ、紙もの雑貨。これらは、メーカーが大量生産したものでなく、クリエイターが自主制作している商品を、ひとつひとつ集めたものばかりです。楽しみながら、そして、自分の作品の一つという思いを込めて作られたそれらの商品は、個性溢れるデザインと、少量生産だからこその手作業から生まれる温かさがあり、魅力的なものばかりです。

また、手紙社とクリエイターたちがタッグを組み制作している商品も、年々バリエーションが増え、いまや200種類以上にも上っています。

紙もの雑貨のセレクトショップを運営しながら、自社製品の制作に取組む手紙社の雑貨部門の責任者である渡辺洋子が、『紙雑貨の作り方、売り方』について講義いたします。手紙社がこれまで蓄積した経験を、みなさんにお伝えできればと思います。

さらに、店頭で扱う商品の売れ筋や人気商品をご紹介をし、みなさんと共になぜそれらが人気があるのかを探りながら売れる商品のポイントを考えて行きたいと思います。また、オリジナル商品づくりの目的やメリット、どんなものをつくるか? 発注先の探し方などもお伝えします。

・手紙社が「仕入れ」だけでなく「自社製品」を制作することになったのはなぜか?
・クリエイターのセレクトはどうしているか?
・1つの商品ができるまでの流れは?
・「売れる」商品とは?
・1度にどれくらい制作すれば採算が取れるのか?
・印刷会社の選び方
・印刷会社、用紙、部数決定の考え方
・価格の付け方
・パッケージのコツ
・どうやって広めるか?

渡辺洋子からのメッセージ
「これから商品を展開したいと考えているクリエイターの方、店舗をお持ちでオリジナルアイテムを展開したいと考えている方のヒントがみつかるよう、お伝えできればと思います」

渡辺洋子/プロフィール
大手通信会社の宣伝担当者を経てフランスへ。ブルゴーニュ地方の画家の家に住み込み、半年間ガーデナーとして庭仕事に明け暮れる。帰国後、フランスでの経験を生かし、雑誌『マイガーデン』編集部に勤務。副編集長を務める。2008年4月、北島とともに「手紙社」を立ち上げる。手紙社では雑貨部門の責任者として店舗の立ち上げ、商品開発、装花等を担当する。

スタッフ募集のお知らせ

staff募集

【スタッフ募集のお知らせ】 ※募集期間延長しました。
MINOU BOOKS & CAFEでは一緒に働いてくれるスタッフを募集します。今回は、カフェスタッフ(製菓・調理・ホールスタッフ兼務)の募集になりますので、フルタイム・長期で働ける方で、製菓・調理の実務経験者を優遇させて頂きます。
メインはカフェ業務になりますが、少人数で運営してますので、書店の接客やディスプレイなどの本に関わる仕事も担当して頂きます。仕事内容が多岐にわたりますが、それを楽しみに変え、積極的に学んで頂きたいです。そして、これからのお店のあり方を一緒に考えながら楽しく働いていけたらと思っています。ご応募お待ちしております!

【募集詳細】
勤務内容:製菓・調理・ホールスタッフ
雇用形態:パート・アルバイト
勤務地:MINOU BOOKS & CAFE (うきは市吉井町1137)
勤務時間:10:00~19:00
募集期間:12月末まで(決まり次第終了とさせて頂きます。)
募集人数:1名
応募方法:履歴書、職務経歴書、PR文などをメールもしくは郵送にてお送り下さい。
書類選考の上、ご連絡させて頂きます。
送り先 info@minoubooksandcafe.com
MINOU BOOKS & CAFE 福岡県うきは市吉井町1137 0943 76 9501
採用担当 石井

11月23日(木・祝)〜 12月3日(日)エムエムブックス POP UP SHOP

3997_001

美濃 in 耳納
「エムエムブックス POP UP SHOP in MINOU BOOKS & CAFE」

11月23日(木・祝)〜 12月3日(日)

リトルプレス「マーマーマガジン」でお馴染み!岐阜の美濃を拠点に活動する「エムエム・ブックス」が耳納連山麓のお店 MINOU BOOKS & CAFEにやってきます!これからの季節に大活躍する天然繊維のソックスや肌着などの冷えとりグッズや各雑貨やエムエム・ブックスの幻のバックナンバーなどを展開します。(ソックスは23日のみの販売になります。)心も身体もほくほくになること間違いなし!23日は、店頭にエムエム・ブックス代表の服部福太郎さんがが立ちますので、ご不明点や質問など何でも聞くことができますよ!夜にはトークイベントも開催!是非この機会にご来店ください。

【まぁまぁなスモールトーク】
エムエム・ブックスの代表取締役!服部福太郎さんをお招きして、とってもユニークなエムエム・ブックスの活動やその考え方などのお話を伺いたいと思います。後半は、まぁまぁ相談室を開催!福太郎さんが皆さんの日頃の疑問や質問にじっくり一緒に悩みながら答えます!?

日程:11月23日(木・祝)
時間:18:00開場 18:30スタート
会場:MINOU BOOKS & CAFE
出演:服部福太郎(エムエム・ブックス)
聞き手:石井勇(MINOU BOOKS & CAFE)
料金:1,000円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE 〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

ほぼ日手帳&ホワイトボードカレンダー入荷しました!

DSCF6677

DSCF6679

DSCF6681

筑後地区のみなさまお待たせしました!ほぼ日の書籍を取り扱いはじめて、その内容やウェブでのコンテンツの面白さに魅せられて早1年。その人の1年間の人生が詰まった本のようにという、ほぼ日手帳の「LIFEのBOOK」というコンセプトにとても感銘を受け、今年から取り扱いを始めました。お店では、「ほぼ日手帳WEEKS」、書いては消せる表面がホワイトボードの「ホワイトボードカレンダー」を取り扱っています。サンプルも置いていますので是非手に取ってご覧下さい。

10月28日(土)トークイベント『街の本屋ってどんな場所?』

書影
BOOKSHOP LOVER」の屋号で日本全国の本屋を取材し、本屋と本に関する活動を行う和氣正幸さんをお招きして、本屋が次々と町から姿を消して行く時代の「これからの街の本屋」とは地域にとってどのような場所なのか?今年の6月に出版された初の著書となる「東京わざわざ行きたい街の本屋さん」の紹介や、これまでに訪れた全国様々な書店の事例を見ながら考えてみたいと思います。是非ご参加ください!

トークイベント『街の本屋ってどんな場所?』
日程:10月28日(土)
時間:18:00開場 18:30スタート
会場:MINOU BOOKS & CAFE
出演:和氣正幸
聞き手:石井勇(MINOU BOOKS & CAFE)
料金:1,500円(1ドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ
MINOU BOOKS&CAFE 〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

和氣正幸(わき・まさゆき)プロフィール
ライター。1985年生まれ。早稲田大学文学部卒。2010年よりサラリーマンを続ける傍ら、小さな本屋の魅力を伝える活動「BOOKSHOP LOVER」を始める。2015年に独立し、Webや雑誌などを中心に、本屋と本に関する活動を多岐にわたり行っている。今年の6月に初の著書となる「東京わざわざ行きたい街の本屋さん」を出版。そのほか「書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!」のWebディレクターも務める。
http://bookshop-lover.com/

『東京わざわざ行きたい街の本屋さん』
和氣正幸/著 G.B. 1600円+税
東京には、個性豊かな“街の本屋さん”がたくさんあります。 工夫を凝らした棚作り、見た人がワクワクできるラインナップ、ほっと落ち着ける空間、本の魅力をより多くの人に伝えるイベント……。 その街の風景になじみ、地元の人々に愛されながら、唯一無二の魅力を持つ存在。本書では、そんな東京の“街の本屋さん”を、エリア別に130店紹介したガイド本です。 160ページ、オールカラーで写真と地図付き。すべてのお店の外観写真と、目印になるものも紹介しているので、道に迷うことなくたどり着けます。 本書を片手にぜひ、本屋めぐりを楽しんでください。

9月30日(土)MINOU BOOKS & CAFE・生活購買店reed 周年祭 『きのこ祭』

minou_kinoko_fix_2

MINOU BOONS & CAFEは9月30日に2周年、生活購買店reedは9月22日に1周年を迎えます。今年は、2店舗の合同での周年祭として、日頃お世話になっている方々を巻き込んでの秋の『きのこ祭』を開催します!生活購買店reedでは、うきはの方々の作品だったり私物だったりを販売するきのこなマーケットを開催。MINOU BOONS & CAFEでは、夕方から、おやさいごはんのお店「hodagi」さんのおいしいご飯とちょっとキ・ケ・ンなお酒を楽しむパーティーを開催します。
※きのこはあくまでも当イベントの大変重要なシンボルです。きのこの商品やお食事が楽しめる訳ではありませんので予めご了承ください。

MINOU BOOKS & CAFE・生活購買店reed 周年祭
『きのこ祭』
9月30日(土)

MINOU BOOKS & CAFE
生活購買店reed

【きのこマーケット:11:00-17:00 at.生活購買店reed】
・四月の魚(関さんの私物)
・山口和宏(山口さんの器など)
・長尾さん(長尾製麺)の私物
・杉さん(リバーワイルド)の私物
・こね屋 チゾン(パン)
・蛭子町珈琲店(コーヒー豆)
・plantago(ベーグル)
・高木さん(ゆむたファーム)の私物
・hodagi(秘蔵のきのこグッズ)

【きのこパーティー:18:00-21:00 at.MINOU BOOKS & CAFE】
参加費:皆様のhodagiさんへのお気持ち
食事:hodagi
音楽:SOC(シークレット温泉クラブ)
おやさいごはんのお店「hodagi」さんのおいしいご飯とちょっとキケンなお酒、SOC(シークレット温泉クラブ)のぬる湯でメロウなDJに身体を委ねて楽しむパーティーです。是非お祝いがてらふらっと一杯ひかっけにお立ち寄りください。※ノンアルコールドリンクもご用意しております。

9月23日(土・祝)トークイベント「FLAT HOUSE meeting in MINOU BOOKS & CAFE」

SONY DSC
古民家や文化住宅、米軍ハウスなどの[平屋]を紹介する書籍『FLAT HOUSE LIFE』の著者、イラストレーターのアラタ・クールハンドさんをお招きしてトークイベントを開催します。
現在は、福岡市の海辺の町にフラットハウスを借り、東京と福岡の二拠点生活を行っているアラタさん。今回は、7月に発行されたばかりの九州の平屋を特集した『FLAT HOUSE LIFE in KYUSHU』の紹介や、平屋の活用法として、平屋のショップ・ゲストハウスとしての利用の実例など、豊富な知見をお持ちのアラタさんに話を伺います。地方の空き家や自宅を改装して何かを始めたい!と思っている方には是非聞いて頂きたい内容です。

「FLAT HOUSE meeting in MINOU BOOKS & CAFE」
日程:9月23日(土)
時間:19時開場 19時半スタート
会場:MINOU BOOKS & CAFE
出演:アラタ・クールハンド
参加費:1500円(1ドリンク付・要予約)
【ご予約・お問い合わせ】
MINOU BOOKS&CAFE うきは市吉井町1137
tel 0943-76-9501
mail info@minoubooksandcafe.com

アラタ・クールハンド
イラストレーター、文筆家。東京都出身。和光大学・桑沢デザイン研究所卒ロゴ。タイプの制作、パッケージデザイン、広告、音楽ヴィジュアルなど手描きのグラフィックを中心に、企画や執筆、講演等幅広く活動。2009年に、東京都下周辺の古い平屋ばかりを紹介した『FLAT HOUSE LIFE』を発刊。翌年には判型を拡大し、一冊に平屋一軒というよりマニアックな『FLAT HOUSE style』シリーズを自費創刊。14年には自宅に店舗を兼ねた物件で暮らす人々を紹介する『HOME SHOP style』を発刊。東京都下と福岡のフラットハウスで二拠点生活を送りながら多彩な活動を展開している。
http://arata-coolhand.cocolog-nifty.com/coolhand/

・アラタさんインタビュー記事(#FUKUOKA )
http://hash.city.fukuoka.lg.jp/news/archives/92

『FLAT HOUSE LIFE in KYUSHU』
米軍ハウス、文化住宅、古民家……古くて新しい「平屋暮らし」のすすめ「九州版」
アラタ・クールハンド (著)
辰巳出版 1600円+税

『FLAT HOUSE LIFE 1+2』
米軍ハウス、文化住宅、古民家……古くて新しい「平屋暮らし」のすすめ
アラタ・クールハンド(著) 
トゥーヴァージンズ 2778円+税

【夏期休業のお知らせ】

DSCF6321
【夏期休業のお知らせ】
8月28日(月)〜8月30日(水)の3日間はお休みとさせて頂きます。来店を予定されていた方には大変ご迷惑おかけしますが何卒ご了承ください。夏の終わりの夏休み!少し涼しくなってきたので登山なんてよさそうですね。お店に生けてあるお花も色づいてきて秋が近づいてきているのを感じます。