12月15日(木)うきはの栞トークイベント

dscf5363

うきはの山や棚田、お茶のことなど、何となく知っている事をしっかりリサーチして冊子として残している「うきはの栞」というリーフレットをお店で取り扱っています。今を知る事で過去が見えてきて、この先に繋がっていくとても素敵な取り組みです。
今回は、「うきはの栞」をさらに掘り下げて地域のことを学ぶトークイベント第三弾!
内容は、『流川の果樹-耳納山麓をいろどる営み』のお話。柿の時期もピークでとても賑やかな柿畑。この風景がどうやって作られていったか、歴史を辿ってお話していきます。

—–

浮羽のたからものを紹介するリーフレット『うきはの栞』についてのトークイベントも3回目となりました。今回とり上げるのは最新号にあたる『流川の果樹-耳納山麓をいろどる営み』。うきはでの果樹産業の始まりは昭和30年代です。耳納山麓の現在の風景はいかにして形作られたのでしょうか。当日は果樹農家の赤司直紀さんもお招きして詳しいお話を伺います。「ずっと住んでたけど知らなかった。もっと詳しく知りたい。私もこんな話知ってる」などなど、みんなでいろいろお話しできたらと思います。

場所:MINOU BOOKS&CAFE
日時:2016年 12月15日(木) 17:45受付 18:00~19:30
参加料:1,000円 *学割500円(うきはの栞1冊+ワンドリンク+果物試食も?)

【予約・問い合わせ】
MINOU BOOKS&CAFE
電話:0943 76 9501
メール:info@minoubooksandcafe.com